×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ

 

Yoko Iwata's website
CV


現在
岩田 容子
日本学術振興会 特別研究員PD
E-mail: iwayou[at]gmail.com

東京大学大気海洋研究所
資源生態分野



Charles Darwin と
Natural History Museum にて



受賞・研究費取得

特別研究員PD
日本学術振興会, 2010-2013

EU Marie Curie Incoming International Fellowship (IIF)

"How do post-copulatory male-male and male-female interactions shape the evolution of mating strategies? A test using two species of squid"
European Commission, 2008-2010

Unitas Malacologica Travel Grant
World Congress of Malacology, July 2007

Daiwa Foundation Small-Grant
研究代表者: Dr Paul Shaw (Royal Holloway University of London, UK)
"Reproductive Biology of Japanese Spear Squid Loligo bleekeri: a field test, using SCUBA and DNA fingerprinting methods, of the mating strategies used by individuals and genetic diversity of offspring"
大和日英基金, 2007

科学研究費補助金, 若手(B)
"沿岸性および外洋性イカ類における貯精・受精機構と成熟サイズ決定メカニズムの解明"
文部科学省, 2006-2008

Oral Presentation Student Award
The International Workshop and Symposium of Cephalopod International Advisory Council (CIAC), February 2006



所属学会

Unitas Malacologica
日本動物行動学会
日本水産学会



職歴
2010.4-現在 東京大学大気海洋研究所
日本学術振興会 特別研究員PD
2008.8-2010.3

School of Biological Sciences, Royal Holloway University of London
EU Marie Curie Incoming International Fellow
2007.4-2008.7: 北海道大学大学院水産科学研究院 学術研究員
2006.6-2007.3: 北海道大学サステイナビリティ・ガバナンス・プロジェクト 博士研究員
2006.4-2006.5: 北海道大学大学院水産科学研究院 学術研究員



学歴
2005: 博士(水産科学)、北海道大学大学院水産科学研究科
Conditional reproductive strategy of the squid Loligo bleekeri
2002: 修士(水産科学)、北海道大学大学院水産科学研究科
2000: 水産学士、北海道大学水産学部